ようこそ!ながおか森林塾へ

いま、木を伐る(間伐する)ことでしか健康になれない森林がたくさんあります。私たち「チーム木念人」は、これらの森林を手入れし、「木を伐って森 林を元気にするのは楽しい!」ということを広める活動をしています。それによって森林がどんどん健康になり、山がにぎやかになることを願っています。
私たちは、同じように考えている方が増えてきていることを強く感じています。しかし、多くの方が手入れをしたくても、その方法がわからずに手をこまねいているのではないでしょうか。

ながおか森林塾は、いわゆる「法令に基づいたチェンソーの安全講習会」ではありません。
山の手入れに必要な現場での知識、技術の習得を目指した講習内容になっています。
チェンソーの使い方の講習を始めとして、間伐などの方法の理論を解説し、現場作業としてトビ等小規模な道具を使い、わずかな労力で安全に、楽しみながら森林の手入れをする方法を学びます。

私たちの願い


 2018年の受講生募集は終了しました。 

***
 2018年の募集要領 (参考)***



2017年までの様子はからどうぞ。

2018年 一日目の様子はこちらです。
2018年 二日目の様子はこちらです。
2018年 三日目の様子はこちらです。



「チーム木念人」とは

2012年に発足した、新潟県長岡市を拠点に活動する森林ボランティア団体です。
杉林の間伐をメインに、林内での簡易製材や広葉樹の伐採など、山を元気にするためのいろいろな活動を行っています。
会員は「ながおか森林塾」を立ち上げたメンバーに、受講生(卒塾生)が参加し、年齢は50〜60代を中心に30代から70代まで幅広い構成になっています。
森林作業の専門家はいませんが、それゆえ、安全に敏感なアンテナを育てています。
定例活動日は毎月第1・第3土曜日。たまに(?)飲み会も行います。会員募集中です。



これまでの訪問者数:
sice June.2010
参考資料を閲覧するにはAdobeReaderが必要です。
こちらからダウンロードできます。
ただいまの訪問者数:



Copyright(c)2010 ながおか森林塾 All rights reserved.